風邪対策にビタミンC

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

ビタミンC

私は昨年の秋に山に薄着で行ってしまい見事に風邪をひいてしまいました。
その風邪は本当にひどくて二週間も治りませんでした。
症状としては喉の痛みと咳、鼻水です。

休みにくい職場なので、すぐ薬を飲んでマスクをしていたのに風邪はなかなか治らず周りの人にもうつしてしまい本当に申し訳なかったです。
会社の人には病院を勧められたけれど何故かその時は行きたくありませんでした。
ここ数年、風邪をひくと長引き病院に行って抗生剤を飲んでやっと治るというのに嫌気がさしていたのかもしれません。

もともと風邪くらいはすぐに治っていたのに何故治らなくなったのか知りたかったのです。早速インターネットで調べました。その結果として良かれと思っていた風邪薬が良くなかったのかもしれないということに思い至りました。

風邪の症状の咳や鼻水はそもそも身体に入ったウィルスを外に出すためのものです。それを風邪薬で抑えてしまうので体外に排出されるのが遅いのではないかと思いました。

考えてみれば子供の頃は風邪薬なんてほとんど飲みませんでした。

大人になって仕事をするようになってから周りの目を気にして飲むようになったのです。
そこで思い切って薬を止めてみる事にしました。

鼻水や咳は出るに任せてマスクだけはしていました。
それと並行してビタミンCを摂る事にしました。
風邪をひくとビタミンCの消費が増えるからです

薬をやめてから待ってましたとばかりに咳と鼻水がすごかったです。
それだけ抑えこまれていたという事なんですね。
でも薬をやめてからのほうが治るスピードは増しました。二週間治らなかった風邪が5日で治りましたね。

まだ実験中なので何とも言えないのですが次回風邪をひいたら最初から薬なしでやってみようと思います。
ビタミンCに関しては予防もかねて継続中です。

諸説あってサプリメントで摂ると生食で摂る半分しか摂取出来ないとか。だからサプリメントは効かないですよ、という説もあります。

しかし、普段から野菜が好きな私は食事の三分の一は野菜です。これ以上ビタミンCを摂るのは大変です。毎回オレンジを食べる訳にもいきません。
食事では足りない分をサプリメントで補おうという訳です
購入したのはディアナチュラのビタミンCで、一日2粒で1000ミリグラムのビタミンCが摂れます。

風邪の時は2粒、予防の為には1粒にしています。

ビタミンCは使われなかった場合尿中に排出されるのでその場合尿は普段より明るい黄色になります。排出の量が多いようなら加減すれば良いと思います。

今回の事で次回風邪をひくのがちょっと楽しみです。自然治癒力とビタミンCでどれだけ早く風邪を治せるか試したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク