のどスプレーで効くパープルショットとは?

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

パープルショット

パープルショットは白金製薬というところが発売しているのどスプレーです
もともと風邪を引くとのどが痛くなる事が多いのでこちらを利用しています。

とても小さくて高さが10センチ程なので出先に持っていくのに便利です。
最近ではもっぱら風邪の時は飲んでもせいぜい葛根湯かポピヨンヨードでうがいする程度。風邪薬は止めてしまいました。

何故かと言うと私は今年51歳ですが年を取るとともに風邪薬を飲んでも風邪が治らなくなったからです。
以前は風邪薬を飲まずに1日ぐっすり眠れば風邪はほぼ治ったものです。

ところが年を取ると治りにくいので風邪薬を飲むようになりました。
けれどそれで治りが早くなるかと思いきやそうではなく、症状が軽くなるだけで風邪がかえって長引くことに気付いたからです。

一度など二週間も風邪の状態で風邪薬は2箱ほど消費しましたが治らず、結局医者にかかり抗生剤でやっと治ったのです。

二回、三回と繰り返すうちに嫌気が差し本腰を入れて調べました
そうすると体力のある人なら風邪薬を使って症状を抑えても内側から菌を殺せるので治るのです。

ところが体力が無くなると症状を抑えこむ事でウィルスを外に排出出来なくなるので治りが遅いのですね。

考えてみれば咳も鼻水もすべてウィルスを外に出そうという体の正常な防衛機能なのです。
仕事をしている時に咳や鼻水を我慢するのは辛いので飲んでしまう

これが抵抗力の落ちた人の体にはかえって良くなかったようです
それを知って試しに途中から風邪薬をばっさりやめてみたら抑えこまれていた症状がどっと出ました。

でもその代わり2週間治らなかった風邪がその後5日で治りましたね。
これを書いている今も実は風邪の最中です。

今回はまったく風邪薬を使わずにいますが咳と鼻水を出るにまかせているせいか治りが早いですよ。今日で4日目ですがだいぶ良くなりました。あと一日くらいで治りそうに思います。
なので私にとって風邪薬は症状を抑えこむものではなく殺菌作用があったり辛さを少し軽減してくれるものが良いのです

パープルショットはのどの痛みに効くので辛い時に重宝しています。

どこにでも持って行きのどの奥にシュッと吹きかけるだけで辛さが和らぎます
特に副作用などは感じません。ただ、のどの奥に吹きかけるのにコツがいるかな?と思います。

ヨード系のスプレーとの違いはヨード系は殺菌作用があるのに対しこちらはアズレンという抗炎症作用のある薬を使っている点です。

風邪菌を退治するのにはヨード系のほうが適していると思いますが手っ取り早く痛みをとりたい場合にはこちらのほうが向いていそうですね。

今度ヨード系ののどスプレーも使ってみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加