インフルエンザ予防、風邪予防にプロポリス。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

プロポリス

インフルエンザの予防接種も毎年打ってはいるのですが、30代半ば頃からよく風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりしていました。

特に子どもからうつる風邪やインフルエンザはとてもきつくて、何日も家事も仕事もできない日が続きました。運動不足やいろいろと生活習慣の上でも問題はあるとは思ったのですが、まずは気軽に摂取できるもので風邪を予防できなかと思いました

そんな時に目についたのがプロポリスでした。プロポリスはみつばちの分泌液と、樹液や花粉の植物性の混合物です。大事な蜂の巣をウィルスなどに攻撃されないように守ってくれる役割を果たすもので、蜂ヤニとも呼ばれています。

ポリフェノールのひとつである「フラボノイド」と呼ばれるものが40種類以上も含まれているプロポリス。抗酸化作用と、抗菌作用の強いプロポリスは蜂の巣を守るだけではなく、人間の体の抗酸化作用を食い止め、花粉症などのアレルギーも和らげ、風邪などのウィルスを体内で菌を増殖させない働きがあります

ただ、プロポリスの原液は飲みにくいのです。プロポリスはまさに蜂“ヤニ”で、容器に付属しているスポイトで吸って、口の中に落とすと、喉の奥に垂らしても歯の裏などにプロポリスがついてしまいます。

サプリメントも多いのは、この飲みにくさと効能の高さの両方の理由かなと感じます。ただ、サプリメントで迷ってしまったときに、なるべく原液で摂取をしたいと考えて、プロポリスの原液をアメリカの通販で購入するようにしています。送料もかかるのでもちろん、まとめ買いをしています。

そのままだと飲みにくいので、薬局で売っている0.68ml最大入るカプセルにスポイトで一回分吸っていれます。ドロリとしているのでこぼすこともありません。また、スプレータイプのプロポリスもあります。これも購入してみたのですが、サラサラした液体になっていて、喉の痛いときなど、喉の奥にシュッとスプレーしておくと、軽い喉の痛みはプロポリスの抗菌作用で治ってしまいます

薬ではなく天然のものという安心感もあって、喉が痛くなった、イガイガしているなと感じるときには使うようにしています。

スプレータイプのプロポリスはこちらから購入できます。⇒ プロポリススプレー

夏の間はついつい忘れてしまうのですが、風邪が流行り始める時期には毎日摂取するようにしています。それからは毎年1回は出していた熱もでなくなり、風邪もめったなことでは引かなくなりました。プロポリスの免疫力を高める効果のおかげかなと思っています。天然由来のものなので、花粉症の子どもたちにも飲ませようと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク