腸内環境改善の為、カスピ海ヨーグルトを毎日食べてます。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

カスピ海ヨーグルト

現在私はアラフォー男性なのですが、腸内環境改善の為にカスピ海ヨーグルトを食べてます

腸内環境改善で期待出来る効果は便秘改善、免疫力アップ、アトピー性皮膚炎の改善、ダイエット、血糖値上昇の抑制と色々あるんです。
どうしてもヨーグルト=便秘改善のイメーツが強いですが、健康にかなり良い食べ物なんです。

まず何故数あるヨーグルトの中からカスピ海ヨーグルトにしたかという理由から説明しましょう。
スーパーに行けば色んなヨーグルト製品ってあります。
行き着けのスーパーだと400mlサイズ(何故400mlを買うかは後ほど説明)のヨーグルトって一律128円で売ってます(ビフィックス・恵み等)。ブルガリアヨーグルトは他より高めで168円です。
しかしカスピ海ヨーグルトは228円するんです。正直最初は、高くて買う気しないっていう第一印象でした。
これって普通の考えですよね。ヨーグルトなんてどれも似たようなものなのに、倍違い値段するのなんて誰買うの?って思って当然です。
でも不思議なことにスーパーの売り場から無くなりません。
もしかして値段分を埋める効果がカスピ海ヨーグルトにはあるのか?と疑問に感じ調べてみました。

カスピ海ヨーグルトは普通のヨーグルトと違ってネバっとしてます。トルコアイスみたいなドロっと感です。
これはカスピ海ヨーグルトの乳酸菌クレモリス菌の影響によるもの、そしてこのクレモレス菌が有能なんです
活きて腸内まで届きますし、コレステロールの減少、小腸で糖質吸収を抑制して血糖値の上昇を抑制、アトピー皮膚炎の特徴である皮膚の肥厚化やIgE値上昇を抑制、免疫細胞を刺激してサイトカインを生成し免疫細胞の活性化、便秘改善によるダイエット効果と幅広い効果がありました。
他のヨーグルトだとこうはいきません。なるほど、これだけ優れてるなら値段高くてもみんな買うよなと納得し購入しました。

買うに当たって400mlサイズを意識してるのは、推奨摂取量が200-300mlとされてるからです。
小さいサイズのものだと(カスピ海ヨーグルトは400mlサイズしかないですが)足らないんです。
ヨーグルトを食べてるのに便秘改善効果がないと感じてる方は食べてるヨーグルトの種類や量にも問題あるのかもしれないので気をつけましょう。

カスピ海ヨーグルトを毎日食べるようになってから便通はものすごく良くなりましたし、毎日出る出ないというより柔らかくて水分を多く含んだ便なので楽に出てくれるんです。
私は硬い便だと出すのに苦戦をしたり、下手したら切痔を引き起こしたりします。ですのでカスピ海ヨーグルトを食べだしてからトイレの負担が本当に減りました。
血糖値への影響も出てるようで、私の身内はみんな糖尿病を患ってるのに私だけなんともありません。
親から糖尿病を心配され、血糖値はどう?糖尿はどう?って聞かれるのですが、健康診断を受けてもなんともないっていうと不思議そうにしてるほどです。
免疫力アップに関しても、私は冬2回、夏一回と1年で最低3回は風邪を引いてたのに今では年に1回あるかどうかぐらいと好調です。

一つ注意なのは食べ方です。
食べるタイミングはいつでも良いと思うんですけど、私は夜ですね。
夕食後のデザート代わりとして食べてます。このように習慣づけないと毎日食べるって大変ですからね。

そして毎日食べるとなると味の工夫も重要です。
カスピ海ヨーグルトって食べやすく工夫されてないものなので、ヨーグルト好きじゃないと食べにくいんです。
私は牛乳が好きなので、カスピ海ヨーグルトと牛乳を1:1で混ぜて食べるようにしてます。
この食べ方だと濃い牛乳を食べてるようで美味しく食べれるんですよね。
この当たりは人それぞれの好みに合わせて工夫した方良いと思います。
高いなりに効果には満足していますので、今もカスピ海ヨーグルトを食べるようにしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク