妊娠中の便秘解消に「ヤクルト400」「ミルミルS」

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

ヤクルト400+ミルミルS

私は、もともと便秘で悩んでいました。
そして、子供を妊娠してからというもの、便秘はひどくなるばかり・・・。
妊娠中は市販の便秘薬を飲むのにも抵抗があり、知り合いの勧めで、ヤクルトを飲んでみることにしました

「今さらヤクルト?」とも思いました。あまりにも有名なせいか、飲んだ気になっていましたが、続けて飲んだことはありませんでした。
子供が好きなジュースと同じ感覚でいたからです。

まずは、ヤクルト400を飲み始めました。スーパーで売っているヤクルトよりも量が多く、飲みごたえがありました。やっぱり美味しい!これなら、毎日続けられると思いました。
肝心の便秘はというと、ヤクルト400を飲んだ次の日、久しぶりにスッキリとしたお通じがありました。

ヤクルト400は、小腸に届く生きた乳酸菌(プロバイオティクス)が400億も含まれているそうです。想像できませんが・・・。
これは、他社の乳酸菌入りの商品と比較しても、桁違いの数字であることが後にわかりました。

ヤクルト400を飲み続けて1ヶ月、それまでは順調だったお通じが、またぱったりと止まってしまいました。お腹は大きくなるばかりで、妊娠前の便秘より苦しかったのを覚えています。

そのことを、担当のヤクルトさんに伝えると、ミルミルSを紹介されました
ヤクルト400との違いは、乳酸菌ではなく、大腸に届くビフィズス菌が100億含まれていて、ぜん動運動をサポートしてくれるそうです。
しかも、女性には嬉しい、鉄分や食物繊維や葉酸なども含まれているんだとか。

スーパーで買ったことがあるミルミルよりもヨーグルトに近い味で、スッキリした甘さで飲みやすいです。中に入っているガラクトオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌の餌となり、善玉菌を増やしてくれるそうです。

これまでのヤクルト400に加え、ミルミルSも飲み始めたところ、またもやスッキリとしたお通じがありました。
出産間近でお腹がピークに大きくなった頃も、便秘で悩むことはなくなっていました。

出産後も授乳があるため、市販の薬などは避けていました。
ヤクルトの商品は、薬ではなく食品なんですね。私も、初めて知りました。
だから、妊娠中も出産後も安心して続けることができました。

出産から5年、今でもヤクルト400とミルミルSを飲み続けています。ヤクルト400を飲み始めて以来、便秘薬は1度も服用していません。
これからも手放せそうです。そして、今では子供もヤクルト400を飲んでいます。

「ヤクルト400」「ミルミルS」はヤクルトオンラインショップで購入できます。⇒ http://yakult-t.jp/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク