体臭・加齢臭対策には入浴剤の「重炭酸ホットタブ」が最強。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

重炭酸湯

枕の匂いで体臭・加齢臭の強さがわかる。

体臭・加齢臭の有る無しですが、自分の枕を嗅ぐと良いです。これで体臭・加齢臭が分かります。枕が臭くなるのは、若い頃にはなかった頭皮の皮脂が酸化した状態で出るからです。

特に男性は40歳を超えてくると皮膚の新陳代謝が鈍くなります。皮膚の新陳代謝が鈍いと皮膚の汚れに残って、汗(皮脂)を養分に菌が繫殖しやすくなりますこの菌が臭いを発生させています

頭皮は体の中でも臭いが出やすい部分ですので、枕の匂いから自分の加齢臭(体臭)の強さを判断しやすいです。

クエン酸は体臭に効く。

はい。クエン酸は体臭に効きます。「クエン酸 体臭」で検索すれば多くのサイトがその効用を解説しています。ここでは詳しい説明は省略しますが、要はクエン酸が皮膚の菌が増えるのを防ぐからです

体臭用の石鹸も良い…が、重炭酸ホットタブが最強。

体臭対策としての石鹸もいくつか販売されています。例えば「柿渋石けん」があります。

先に説明したクエン酸と同様、柿渋にも臭いを発生する菌の増殖を抑える成分があるからですね。

石鹸を利用して、臭いが強烈な特定の箇所(脇・股間・足)に使うのも良いでしょう。しかし、それよりも効率的な対策があります。それはお風呂に入って体臭対策する「重炭酸ホットタブ」を利用することです。⇒ 重炭酸で体臭予防【薬用Hot Tab】


なぜ「重炭酸ホットタブ」を推すのかというと、入浴中にクエン酸に理にかなっているからです。入浴中は、当然ながら、体の皮膚の温度が高まり、皮膚の汚れが自然と落ちやすくなります。衣類の洗濯と同じです。体臭対策には入浴中にクエン酸に浸るのが最適なんです

石鹸も良いですが、どうしても皮膚をこすって必要以上に皮膚を傷つけてしまったり、皮膚の持つ潤いなどを奪ってしまう場合があります。その点、お風呂に入って「重炭酸ホットタブ」を利用するのであれば、体全体の体臭・加齢臭を防ぐことが出来ます。その上で、特定の箇所である脇、股間、足に対しては石けんを利用するのがベストかと。

以上、参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク