「かかと」がガサガサ → ユースキンでつるつる!

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

ユースキン

足の裏が汚いことがとても悩みでした。夏場はなるべく足のでるような靴は履かないようにしていましたし、友達の家に泊まりに行く時にも必ず靴下を履いていました。

しかし冬にかかとががさがさになってしまい、愛用していた毛糸の靴下にかかとが引っかかるようになってから「これはまずい。20代女子のかかとじゃない。」と思いケアを始めました。

最初の頃はいい香りのする体と同じボディークリームを使用していたのですが、その場はそこそこ潤うのですが時間がたつとほぼ塗る前と同じ状態になってしまうため、かかとの保湿には少し物足りませんでした。そこで薬局にいいものはないか探しに行った時に出会ったのが「ユースキン」でした。さらっとしたつけ心地ではなく、しっとりとしたつけ心地です。

私はまずお風呂から出たらつま先からかかとまで足全体に塗っています
お風呂から出てすぐの足の裏はとても柔らかくなっているので、マッサージも兼ねてしっかりと塗ります。

その後歯磨きをするタイミングで今度はかかとにだけ塗り直します。
この時にはお風呂あがりよりもたっぷりと塗って、ヒビがはいってしまっている時にはそのヒビに沁み込むように塗りたくります。そして靴下でその上から保湿します。靴下は毛糸が温かくて冬場はいいのですが、保湿という点では綿のものを使用した方が効果が上がります。

夏場はこの基本的にこのケアだけなのですが、かかとの乾燥がひどい時や冬場はこれにプラスしてスペシャルケアを行っています。それが簡易パックです。やり方はただ足の気になる部分にユースキンを塗ってその上をサランラップで巻いて15-20分放置するだけです。かかとだけが気になる時にはかかとだけに塗ってサランラップを巻きます。終わった後にはとてもつるつるになっていて気持ちいいんです。

また家にあるものでできてしまうのでお金もかかりませんし、パックしている間もパックがはがれてしまわない範囲でしたら家事も、好きなこともできるので忙しい時にもおこなうことができます。

もし冬場かかとの乾燥に悩んでいる人にはぜひ使ってみていただきたいです。

私はひどく荒れていましたが、使い始めてからそんなに時間がたたないうちにかなり良くなりました。薬局でも手に入りますし、私は120g入りを使用していますが、60g入りなどもありますのでまずはお試しということも可能です。サイズが沢山あって自分に合ったサイズが選べるのも便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク