しつこい手荒れに「フルコートf軟膏」使ってます。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

フルコートf軟膏

肌が弱いこともありますが、季節によって手荒れがひどくなりいつも困っていました。水仕事を一切止めたらいいのでしょうが、主婦ですしそうはいきません。毎年冬場になると手荒れに泣かされていました。最初の頃はハンドクリームを塗っていましたが、手を洗えば取れてしまいます。毎回塗っていてもガサガサ、赤い湿疹になり皮膚が破けてきます。ここまで来るとハンドクリームは全く効果がありません。

色々調べていくうちに、水仕事をしていると水分が足りなくなることで肌のバリアが弱くなっているということを知りました。それならと保湿ジェルを使ったりワセリンを塗ったりもしてみましたが、一時的には良くなっても完治するということはありません。そのうち痛みと痒みで手がジンジンとして、夜も痒みで目覚めるほどになってしまいました。病院に行けば良かったのだろうけれど、子どもが小さいので連れて行くのも大変で渋っていたのです。

そこで手荒れ用のクリームを買ってみましたが、元々アトピーということもあり中途半端なクリームでは全く効果が感じられません。その後に、薬局で相談をして購入したのがフルコートF軟膏です

このクリームは炎症を起こしてかき壊してしまったようなジュクジュクの患部にも使うことが出来ます。化膿している皮膚炎に効果的な薬です。ひどい手荒れにはぴったりだと感じて、早速塗りました。ある程度進行している皮膚炎にはしっかりとステロイドで短期間で治すことが大切ですね。

ステロイドだと使い方に慎重になる必要はあります。ぶり返すのも怖いので、必要な部分にだけ丁寧に塗って早く治すようにしました。乳白色の軟膏は柔らかめなので本当に少量を気になる部分に塗って薄く伸ばします。

指に塗るくらいなら米粒くらいの量でも十分でした。1日数回患部に塗るだけなので、数日間は手が痛い時にだけ塗りました。塗って1日経つ頃には、痒くて夜中に目が覚めるほどだった手荒れの状態が落ち着きました。あとはそれ程塗りなおしもしていません。

3日くらい経つと炎症の痛みも収まったので、まだ赤い湿疹が出来ている部分だけに朝晩と塗るようにしました。3日程塗ったあたりでほとんど気にならなくなり、1週間経つ頃には薬も不要な状態になりました

一旦手荒れが治ってからは、ここまで炎症がひどくならないように日頃から気をつけるようにしています。たまにまた炎症が出て、ジュクジュクしてきそうな時には早めに少量を薄く塗って対処しておきます。手荒れがひどくなると何も出来なくて困ってしまいますので、今はほとんど使っていませんが、お守り代わりに置いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク