毎日5km以上の長距離散歩を行っています。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

運動靴

社会人になると自発的に運動しないと健康に悪影響を及ぼし、様々な生活習慣病を患ってしまうリスクが高まってしまうので、未然に防ぐためにも可能な限り毎日5km以上歩くようにしています

私の場合はランニングのように、激しい行動は続けていくのが大変と感じていたので、元々歩くことは好きだったので、散歩なら無理なく継続していけると思い、特に休日は20km以上の距離を歩く長距離散歩を実践しています

私は自然の景色が好きなので、一番近所にある海辺までを目的地とすることで、ただ何となく歩くだけだったら、少しの距離で挫折してしまうので、海に行きたいというモチベーションを活かすことで、毎回目標を達成することが出来ました。

この散歩は健康だけでなく、普段の生活で悩みごとがあった時にも役立ちました。日々に不安を抱えていると足取りも重く、歩きながら解決策を模索しています。例え解消されなくても、散歩の目的が達成されたら、他人が簡単に真似出来ないことを、定期的に何度も行動してきた自分自身に誇りを持って、心のモヤモヤが吹っ飛ぶこともありました

決定打にこそなり得なくても、確実に人生に対する前向きな気持ちを与えてくれました。人生に嫌気が差すと大抵の人はひきこもってしまいますが、何の解決にもならない手段だけは避けたいと思いました。勿論、気が向かないこともありましたが、それで塞ぎ込んで何も行動に起こさないことはほぼないです。

元々は内気だった私が変われたのは、単純に幸せになりたい願望が心を突き動かして、どんなに辛くても行動的でいられました。今の季節だと寒いので、目的地はさらに寒く感じることと、街中から外れた所にあるので、尚更不便を感じました。

かと言って真夏だと暑すぎて、長距離を歩いたために、往復した頃には吐きそうになる位、しんどい思いをしたこともありました。決して毎回順調だった訳ではなく、体がしんどかったり精神的に辛いこともありました。

私は最終的には一度にこれだけ歩いて来ましたが、時間に換算すると五時間にも及んでいたので、年間を通して日常生活に取り入れていくためにも、紹介した半分の距離でもいいように感じました。

私のように不甲斐ない人はおられないでしょうが、人生何の問題もなく生きている方も、特に散歩する習慣がない方が実践されたら、新しい発見があるかもしれません一番のメリットは全くお金を使用しないのに、運動になることと、精神的にも元気になれることです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加