足がむくんでいる、だるい、疲れている時の解消法とグッズ(湿布)。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

足が疲れている

足のむくみの原因と解消法。

足のむくみは、塩分の摂り過ぎや冷え性といった内面の原因で起こることがほとんどです。むくみとは、足に流れるはずだった水分が何らかの原因で留まってしまうことにより起きます。

塩分や水分は摂り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。そのため余計な水分が留まりやすくなってしまうのです。また冷え性は全身に血液を送る機能が低下してしまうために起こります。そのため、足に水分が溜まりやすくなるのです。

むくみを解消するためには、規則正しい食生活を意識することが大事です。塩分や油分を摂り過ぎずに、また塩分の排出を促すカリウムを積極的に摂ると良いでしょう。また適度な運動をすることで、足のポンプ機能が正常に機能するようになります。そうすると足の水分が全身に巡るようになります。

足が疲れてパンパンになる原因と解消法。

足がパンパンになる原因として、一日中立ちっぱなしだったり歩き過ぎといった外的な要因が主です。女性のハイヒールも足に負担が大きいため原因となり得ます。パンパンな状態になるとは、足に血液が溜まっていることを指します

半身浴や足のマッサージをすることで血液の循環を促してあげます。そうすることで、血液が全身に巡りやすくなるためぱんぱんな状態が解消されます。

足の疲れが取れないのは病気という可能性以外ですと、筋肉が凝り固まったことによる原因だと考えられます。一日の疲労は筋肉の緊張として表れます。筋肉の緊張は筋肉が固まっているということです。

寝ている間は身体を動かしませんので筋肉がほぐれることはありません。なので仕事から帰ってきてそのまま寝るのはよくありません。必ず寝る前に筋肉をほぐすようにストレッチやマッサージをしてあげてください。湯船に浸かるのもリラックス効果があり、緊張を和らぐことができるのでおすすめです。

マッサージが難しい時などには、寝る前に足に貼って血行を良くする下記の商品が良いようです。冷えにも効くので足のむくみにも効くようです。⇒ 足裏樹液シートはgenki21

足がだるい原因と解消法。

足がだるいのは気象の変化、または疲労が蓄積されたことによるものだと考えられます。気象の変化で体調が悪くなった経験がある方がいらっしゃるかと思います。気象の変化は足に一番に表れます。

足の筋肉が緩んでしまったり、水分がうまく排出できなくなるとだるいと感じます。こちらは湯船に浸かり、マッサージをしながらもみほぐしてあげることで解消できるかと思います。また疲労が蓄積されると足の筋肉が正常に機能しなくなります。

筋肉によって全身に血液を巡らせますが、それができないため足にどんどん老廃物が溜まっていってしまいます。軽い運動やストレッチをすることで老廃物の排出を促してあげましょう。

基本的にはこの症状は一過性のことが多いため、通常の生活をしていれば解決します。だるいからといって足を動かさないでいると、余計に筋肉が緩んでしまい悪循環になります。積極的に足を動かすようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加