栄養不足の解消に青汁「大麦若葉」を飲み始めました。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

青汁「大麦若葉」

元々決められた時間にしっかりと食事を取るという習慣がなく、仕事をしながらお腹が空いたときに適当に何かを摘むという食生活を送っていました。それでも一応は朝昼晩と3食口にするようにはしていたのですが、デスクワークをしていて昼間に食事を口にすると胃もたれが気になるようになったことがきっかけで、遅い朝食を少し多めに取って昼食は抜くようになったのが青汁を飲み始めたきっかけです。

また、栄養は夕食に集中して摂取するという生活になってしまったこともずっと気になっていました。特に体調を崩すということはありませんでしたが、疲れていると作る夕食が適当にお腹が膨らむもの、特に炭水化物にばかりになって、できるだけ野菜を取り入れようとは思うものの調理をするのが面倒臭くて省略してしまいがちになったからです

それを解消するためにも有効だと思ったのが野菜の栄養がたっぷりと詰まった青汁を選んだ理由になります。もちろん食生活を正すことが大切なのはわかっていますが、青汁1杯で少しでもお昼に取る時間を作れば、野菜不足を解消することができるのではないかと考えて購入に至りました。

昔からのイメージで青汁はまずいものであると思ったのですが、どの種類を買おうかいろいろと調べてみるとかなり味が改良されて飲みやすくなったとのことで、ドラッグストアで売られていた山本漢方製薬の大麦若葉を購入しました。それを毎日昼食時に1杯飲む習慣を付けましたが、味は特に癖がなく、青臭さよりも麦の風味が強いくらいだったのでごくごく飲むことができました

いつも面倒で粉末が入ったスティックを水に溶かして飲んでいますが、たまに豆乳で飲むとさらに美味しいですし、時々粉末をホットケーキなどに混ぜて食べています。味に飽きてきたなと感じたら同メーカーのケールも飲んでいますが、こちらは小松菜や水菜を食べたときのような青さがすっきりとした飲み口です。

昼食の代わりに飲むようにしてから、元々便秘ではなかったのですがさらにお通じがスムーズになったように感じます。食物繊維がたっぷり入っていることもあるのでしょうが、前よりもスッキリして老廃物がすっきり排出されるようになったからか、肌トラブルが起こることも減ったのは嬉しかったです。私の身体にはやはり野菜が足りていなかったのだなと実感しました

お昼に1杯飲むだけなのでお腹ももたれませんから、午後の仕事にも響きません。本当は規則正しい生活を送ってきっちりと食事と取るのが望ましいのでしょうが、忙しいときにはまだまだ青汁のお世話になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加