血液検査がキッカケで青汁を飲んでいます。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

私の青汁

40代の中頃から血液検査の中性脂肪や悪玉コレステロール値などがじわりじわりと上昇してきました。そういえばここ数年は運動らしき運動もあまりせず、また食事も食べたいものを食べたいだけ食べるといったあまり体に良くない生活を続けていたので当然の結果だったのかもしれません。しかし50代を前にするとさすがにこれではいけないと思い始めたのです。

運動や食生活の改善は、当然見直しをしなければいけないとは思っていても、怠け者の性格もありなかなか急には生活を変えることはできませんでした。すると次第にコレステロール値の問題だけでなく血糖値もいわゆる糖尿病予備軍と言われる数値にまでなってしまい、どんどん体の状態が悪くなってしまったのです。

この時点でやっと本気になった私は、毎日のウォーキングを始めました。ですが食事に関しては仕事をしているのでどうしても不規則な状態から脱することが難しいということを悩んでいる時に雑誌の青汁の特集を読んだのです。

青汁はまさに私のような食生活に問題がある人にはぴったりの健康食品で、たっぷりふくまれている食物繊維がコレステロールや中性脂肪値を減らす働きがあることがすでに実証されているというので、早速お手頃な価格のヤクルトの私の青汁をネットから注文することにしました。

私の青汁は、スティック状で一本ずつ一回量が個別包装されています。細いスティックなのでバッグに常に入れて持ち歩けますから食事の前に水に溶かしてコップ一杯飲んでから食事をするようにしています。そうすることで胃腸内に食物繊維の膜ができるような感じになり食べ物の脂肪分などの吸収を妨げる働きが期待できるのです。ですから青汁を飲んでからですと、たまには大好きな唐揚げやコロッケなどの揚げ物も安心して食べられます。基本の食生活は魚料理と野菜料理を中心にしていますが、その上で青汁を飲むことによって食事のバランスがかなりしっかりと保てるようになりました。

そして私の青汁を飲み始めてから8ヶ月たった現在は、コレステロール値も、血糖値も中性脂肪値もすべて正常内に収まりました。これは紛れもなく青汁のおかげだと思います。動脈硬化が進んだり高血圧を起こす前に青汁を飲む習慣を始めたことによって血管も若返り健康を取り戻せたことは本当にラッキーだったと思います。

私の青汁は、苦味や独特の味が全く無い青汁パウダーなので、野菜が苦手な人でも美味しく飲むことができると思います。私はだいたいコップ一杯の水にそのままとかして飲んでいますが、もし飲みにくいのであれば豆乳に混ぜるとさらに美味しく飲めるのでおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加