重曹うがいで虫歯予防&お口スッキリ!

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

重曹

私は普段から歯磨きはしているのですが虫歯になりやすく、銀歯などの詰め物だらけです。半年に一度の歯科検診の時に「様子を見ましょう」と言われた初期虫歯が、次の検診の時には進行していて削らざるを得ない状態になっているということが何度もありました。フッ素入りの歯磨き粉とフロスを使ってしっかりケアをしていたつもりなのですが、やり方が悪いのか体質や食生活が悪いのかそれだけでは虫歯を防ぎきることはできなかったようです。

また、私は今までに2回妊娠・出産をしていて、妊娠中は特に虫歯が進行しやすく一気に詰め物が増えてしまいました。2人目の子どもを産んで生活が少し落ち着いたころに虫歯のことを調べるようになり、初期虫歯ならきちんとケアすれば進行が抑えられること、うまくいけば治せることもあると言うことが分かりました。

そこで私が取り入れたのが「重曹でうがいをすること」です。食後の口の中は酸性で歯が溶けて虫歯が進行しやすい状態になるのですが、弱アルカリ性の重曹でうがいをすることで酸性状態が緩和されるため虫歯予防になるのです

重曹うがいのやり方はとても簡単で、食後や就寝前など1日1~3回程度、コップ一杯の水に小さじ1/3~1/2程度の重曹を溶かしてうがいをするだけです。うがいに使う重曹は食用か薬用で、お掃除用のものは使うことができません。私は食用のものを購入しましたが、50グラム60円程度でとても安価でした。

重曹には塩分が多く含まれているので飲み込まないように喉ではなく口の中でグチュグチュとうがいをする必要があります。塩分制限をしなければならない人はお医者さんに相談した方が良さそうです。

私が重曹うがいをするようになったのは虫歯予防のためですが、虫歯予防以外にも口臭予防の効果や歯の黄ばみや着色を落とす効果があるようです。ですからミカンなど酸の強いものを食べた後や就寝前には虫歯予防として、口臭や口の粘つきが気になる時には口臭予防として重曹うがいをするようにしています。口の中がすっきり爽やかな感じになるのでとても気に入っています。

重曹うがいを始めてからまだ歯科検診に行っていないので初期虫歯の状態がどうなっているのかハッキリとは言えませんが、現在痛むところはありませんし、自分で見た感じも穴があいたり進行している様子はありません。以前に比べて口の中がすっきりしているので口腔内の環境が良くなっているのではないかと期待しています。次回の歯科検診で治療する所がなければいいなと思い、重曹うがいを続けています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加