コンクールFで歯周病対策

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

コンクールF

私は昨年50歳になりましたこの歳になると歯周病とは無縁ではいられません

もともと歯は弱いほうで虫歯も多かったのです。
度々歯医者さんに行くのですがその時にブラッシングの指導をされ、長年その方法でブラッシングし、歯周病のことを考えて歯周病に効くという謳い文句の歯磨き粉を使っていたのに、いつの間にか歯周病は進行していたようです。

去年の春頃に奥歯のあたりがひどく痛みました。
虫歯には慣れっこなので虫歯の痛みでないことはすぐにわかりました。
もっと鈍いような重いような痛みです。
ても我慢するには痛すぎたので、歯周病を疑いつつ、痛いところを重点的に歯磨きしてみました。
すると痛みはひいてしまったので、歯医者さんには行きませんでした。
その夏に、今度は前歯の間のつめ物が取れてしまい、みっともないので流石に歯医者さんに行く事になりました。

それまで数年歯医者さんには行っていなかったのです。
前歯を治してもらい、その時に歯石もとってもらいました。歯周ポケットを計ると3~4ミリあり「歯周病になりかかっている」と言われてしまいました。

それまで歯肉炎と言われたことはあっても歯周病と言われたことはなかったのでショックでした。
歯周病ケアのため、「4ヶ月後にまた歯石を取りに来て」と言われてしまいました。
教えられた通りにブラッシングをして、歯周病予防の歯磨き粉を使ってもダメだなんて…。

インターネットで色々と調べて歯周病には原因菌の殺菌が効果的ということだったので、デンタルリンスを使うことにしました。
最初に使ったのは乳酸菌から作られたデンタルリンスで良かったのてすが値段が高く一本700円以上して、それで2週間しか持ちません。
それで「コンクールF」を試してみることにしました。
こちらは1000円くらい。ですがコップに少しの水を入れ5〜10滴たらして薄めて使うのでかなりもちます。
ゆうに3ヶ月はもっています。
アマゾンのレビューでは緑色の色素が歯につくので歯が黄色っぽくなる、ということだったので歯磨き粉はオーラツーに変えました。
色素沈着を防ぐ作用のある歯磨き粉です。
今のところ、歯医者さんに定期的に通った上で、このコンクールを使っているので歯ぐきが痛むことはないですね。
このまま、出来れば歯周病ポケットも浅くなって健康な歯ぐきになれれば言う事ないのですが。
着色も今のところ気になりませんししばらくはこれで頑張ってみるつもりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加