手作り豆乳ヨーグルト乳酸菌を摂取しています。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

豆乳ヨーグルト乳酸菌

花粉症対策として3年間続けているのが、手作り豆乳ヨーグルトの摂取です。

豆乳ヨーグルトを始めたきっかけは、花粉症の薬を貰うために通っていた耳鼻科でした。会計を済ませると、お大事にと言ってヨーグルトや乳酸菌飲料を一つくれるのです。面白いですよね。不思議に思って聞いてみましたら、「花粉症には乳酸菌の摂取が良いようですよ。だから患者さんの症状が少しでも軽くなればと思いまして」とのことでした。確かに花粉症が酷い友人も、同じことを言っていたことを思い出しました。

早速私はインターネットでヨーグルトや乳酸菌を検索しました。するとインターネットでは、色々な方法で自力で発酵させ豆乳ヨーグルトを作っている成功者が多くいました。乳酸菌が花粉症に良いならと私も挑戦してみましたが、発酵しているのか腐敗しているのか分からないような状態でヨーグルト作りは成功しませんでした。面倒くさがりで不器用な私は早々に脱落しました。

さらに検索していくと、良いものを見つけました。面倒くさがりでも不器用でも、何事も途中で挫折してしまうこの私でも3年間続いたブルマンヨーグルトです。ステップをご紹介しますね。

  1. 青山食品サービス」という三重県の会社のHPから、ブルマンヨーグルトの初回セットを購入します。ウォームパッドと種菌がセットになっています。
  2. お好きな成分無調整豆乳の1リットルのパックを買ってきます。私がよく使うのは、「ふくれん無調整豆乳」「みどり無調整豆乳」です。
  3. 豆乳1リットルパックに種菌を投入し、ウォームパッドを巻いてコンセントを入れます。前日にこれだけしておけば、翌朝には豆乳ヨーグルトが完成しています!朝から出来たての美味しい豆乳ヨーグルトが食べられます。オリゴ糖や蜂蜜をかけて頂きます。

簡単ですよね!豆乳パックをそのまま使うので、容器の洗浄など面倒なことは一切無いのです。写真は、私のウォームパッドと種菌と豆乳です。今回は「みどり無調整豆乳」です。

本当に美味しいですよ。身体に良いものイコール我慢して食べる美味しく無いもの、というイメージがありました。でも自分の好きな味の豆乳でヨーグルトを作れば、自分好みの味が出来上がるのです。美味しくなければなかなか続かないですよね。

この青山食品サービスのブルマンヨーグルトの種菌は、値段がけっこうお高いです。ですが自力で発酵させようとした豆乳ヨーグルトは失敗続きでした。でも青山食品サービスの種菌を使えば一度も失敗したことはありません。少々お高くても値段に見合う価値がありますので、買い続けています。

豆乳ヨーグルトを始めてから花粉症の症状が軽くなりました。3年たった今では、ほとんど薬に頼っていません。乳酸菌のことを教えてくれたのは耳鼻科の先生ですが、そのおかげで耳鼻科へ行くこともほぼなくなりました。便秘も解消され、お肌の状態も良いです。植物性の乳酸菌の摂取は、花粉症や便秘対策に役立っていると感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク