使い続けている目薬「スマイル40」とその効果?

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スマイル40

元々、母が購入していて実家に常に置いてあった目薬でした。最初は何の考えもなく、ただあるからという理由で「スマイル40mild」を使っていました。中学生の時にはもう使っていた記憶があるのでおそらく15年間は使い続けています

実家を出て、社会人になってからは目薬も自分で購入するようになりました。すると、この「スマイル40」がドラッグストアの目薬の商品の中でもとても安価だということに気づきました!毎日使っているものが他の目薬に比べてとても安価だったことは正直ショックでした。

そこで、他の目薬も購入して使用するようになりました。値段が倍以上する、目に優しい成分を使用していることをうたった目薬や、女性のための目薬など色々な商品を試しました。でも、今まで味わってきたようなスッキリとする使用感は他の商品では味わうことができませんでした。スマイル40の中でも「爽快クールなさし心地」という同じ値段で清涼感の違う商品もあるのですが、こちらは刺激が強すぎたため、結局「スマイル40」に落ち着くことになりました

そして、どうしてこの目薬を使い続けているかというと、私の中でジンクスがあるからです。小さいころから視力がよかった私は常に「2.0」をキープしていました。時々「2.0」の表示ですら余裕で見えてしまう時がありました。

それが社会人になって、仕事でパソコンを1日中見るようになった時、初めの1年で視力がガタンと落ちてしまいました。日常生活をしている時にも、この間まで見えていた距離の文字が読めなくなっているなと感じることが多くなっていました。そして健康診断の際に「右1.5、左1.0」という結果になってしまいました。この時私はちょうど他の目薬を試している最中でした。使用感もイマイチだなと思っていたのに加え、視力も悪くなってしまったのでショックでした。

そこで思い切って目薬を元の「スマイル40」に戻しました。仕事柄パソコン作業はあいかわず続けなければいけませんでしたが、視力が戻りますようにと思って過ごしていました。すると、次の年の健康診断で視力が「2.0」に戻りました。さすがに以前のように余裕で見えるというわけではなかったのですが、この視力が回復したことにより、私の中で 「スマイル40」はなくてはならない存在になりました

利用方法は、私は顔を洗った後に目薬をさすという習慣があります。朝顔を洗った後にさし、夜入浴後にさしています。家用の他にも常にポーチにも入れて持ち歩いているので外で目の中がゴロゴロした時や、調子が悪いなと思った時にさすようにしています。目薬なので特別な利用方法はありませんが、これが習慣になっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク