農薬除去!野菜をより美味しく、安全に。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

農薬除去

小さい頃は健康な事は当たり前の事だと思っていましたが、年齢を重ねるに連れてメンテナンスをしていかねばだんだんと不自由を感じてしまう箇所が出てくるという事を感じています。その為に、まずは食事は家でしっかり手作りのものを摂ろうと思っています

その時、自分の中で気を付けている事は、なるべく農薬不使用の野菜を使うという事です。しかしながら現代生活していく中では、そのような野菜ばかり手にいれるという事は、とても難しい事でもあります。

ネット販売などで、以前よりも手軽に無農薬野菜を宅配してもらえるようにはなったものの、突然必要になった時などは近くのスーパーなどで購入する事も多くあります。そこで私は、農薬を使っている野菜を使用する場合は「農薬をできる限り除去する」という事を意識して調理していくようにしています。サプリメントもたくさん出ている世の中ですが、やはり食事から栄養を摂るという事は、栄養吸収的にも精神的にも良いと思っています。

さて、農薬をどのように除去するかという事ですが、私はホタテの殻から作られる農薬除去剤を使っています。それらは科学的には水酸化カルシウム製剤といわれるもので、農薬や雑菌などを強アルカリの力で除去するというものです。最近ではマニアックな自然食品店まで行かなくても、一般的なスーパーなどでも置いてある事があります。

加工品などは裏表示に色々な成分が書いてありますが、そのままの形で売られている野菜や果実は、農薬散布回数やその種類までは記載されていません。が、そういった事に興味を持ち調べてみると驚きの結果を知る事となります。作物毎に代わってきますが、農薬散布回数が多いといわれている野菜や果実をその農薬除去剤に漬け込むと、驚きの様子を見る事になります。そしてそのあとは農薬除去なしでは野菜を食べられない位に意識が変わると思います

流水でよく洗う事も、農薬を除去する上では良いと思いますが、私はより信頼をおける会社の農薬除去剤に漬け込んだ上で、流水でよく洗うようにしています。日本は世界的に見ても農薬の量が多いとされているので、こういった意識を持ち続けていく事はこれから体調を管理していく上でとても大切な事だと思い、続けています。

また、野菜や果実で輸入されてスーパーに並んでいるものは、輸入された段階で食品衛生監視員、また各地方自治体によりチェックを受けているはずですが、やはり農薬は目に見えた状態で付着していないので、購入の段階で無農薬・自然農などの表示のないものに関しては、念入りに自分自身で調理前に農薬除去をしていく事が大切だと思います。そして、国産の無農薬での生産をしている農家さんなどを購入して応援していく事も、今後の食生活をより良くしていく上で重要な事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加