無理なく続くダイエット方法〜私の場合〜

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

マクロビオティック

皆さんはダイエットをしてみようと思ったこと、またはチャレンジしたことはあるでしょうか?おそらく多くの人がダイエットにチャレンジしたことがあったり、現在もダイエット中であるという人が多いのではないかと思います。

私もこれまでに数多くのダイエットにチャレンジしてきた人の一人です。その中でどうすればダイエットに成功することができるのか、三日坊主にならず継続させることができるのかということを私のダイエットを例にとってお伝えしたいと思います。

私は今から7年ほど前にマクロビオティックという食事方法があるということを知り興味を持ち始めました。それ以来あまり動物性たんぱく質や白米、食パンなどの精製された食品をあまりとらないよう食生活を気をつけてきました。そうする事でなかなか落ちなかった体重がスッと落ちたり、お肌が綺麗になるなど効果もしっかり出てきました。

この食生活に変える前はというと、毎回たっぷりの肉や卵をおかずに白米を掻き込むというスタイルの食生活でした。幼い頃からお肉が大好物だった私にとって、お肉がない食卓なんて考えられませんでした。そんな私がなぜ動物性たんぱく質を抑えた食生活へと変化させることができたのでしょうか。

きっかけは私にマクロビの事を教えてくれた友達が、食べ放題でモリモリ食べているのにとてもスレンダーだったという事に衝撃を受けたからでした。もちろんその子は痩せの大食いというわけではありません。

なるべく体にとって優しいものを選んで、それらをしっかりと食べているのでたくさん食べても体型をキープできていたのです。その当時、食べても痩せられる方法があるなんて考えたこともありませんでしたが、これならできるかも!!と思ったのです。

それ以来、私もなるべく動物性のものはとらないようにし、野菜や無精製の米や小麦粉などを意識的にとるようにしてきました。何をやっても三日坊主で肉以外はおかずじゃない!!というくらいお肉が大好物だった私にとって、今回も長続きするかどうかわからないと思っていましたが、この食生活を続けていくうちに様々な変化が起こったのです。

その一つが味覚の変化です。お肉やチーズなど、味の濃いものを避けて野菜などを多くとっていくうちに、今までは気づかなかった野菜の甘みや素材そのものの味がわかるようになってきました

また、感覚にも変化が起こりました。今までは肉がないなら一体どうやってご飯を食べればいいんだ?と思っていましたが、肉以外にも芋や野菜、豆腐など美味しいものはたくさんあるということに気づいたのです。それからはなるべく体に優しいもので美味しいものをたっぷり食べようと自分の中のライフスタイルを変えていったのです。

筋トレやご飯の量を減らすといったダイエットをしていた時は楽しいとは思わず、辛いという記憶しか残っていません。しかし今では美味しいものをたっぷりと食べて体型もある程度キープできているので、以前よりも毎日が楽しく輝いています。

また、私のダイエットのモットーとして”無理はしない”ということを掲げているので、厳格なマクロビオティックとは違ってかなり自己流になっています。肉や乳製品はあまり取らないけれどツナや魚などはたまに食べています。

また、全粒粉パスタなど、無精製のものでちょっと食べにくいと感じたものは普通のものと1:1で混ぜて食べるようにしてみたり、自分に合った形でなるべく長続きできるような工夫をしています。

あまり自分に厳しくしすぎないということが成功への秘訣だと感じています。また、自分自身にあったダイエットや食生活を見つけるというのも重要な事だと思っているので、皆さんもご自分にあった方法を探してみてはいかがでしょうか。きっと毎日が今よりも楽しくなるはずですよ!

マクロビオティックの食事方法で、売れている商品と言えばこちらです。⇒ 醗酵5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加