貧血改善には市販の薬「マスチゲン錠」で。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

マスチゲン錠

普段から貧血気味だった私は、生理中によくフラフラになっていました。貧血で具合が悪くなって起き上がれなくなってしまうことは数ヶ月に一度のペースで起こっていたので、常に貧血用の栄養ドリンクを冷蔵庫にストックしている状態でした。

でも、ある日ドラックストアに買いに行ったところ、その頼りにしていた栄養ドリンクが売っていなかったことがありました。それは即効性があると薬剤師さんに教えてもらったもので、これがないと立てないこともあったので私にとっては命綱のような存在でした。

そこで薬剤師さんに聞いてみると「栄養ドリンクも良いですが、錠剤も良いですよ」と「マスチゲン錠」を教えてくれました。聞くと、栄養ドリンクはその場だけでの対処法になるけれど、錠剤だと習慣化するので常に良い状態に保ってくれるとのことでした。

この錠剤は血を作る時にの必要な「鉄分」、「ビタミンC」、「ビタミンE」が入っています。よく利用する駅中にあるドラックストアでは、栄養ドリンクを買って「その場で飲みます」というと、栄養ドリンクの吸収を高めるためにビタミンの錠剤を一緒にくれるのですが、この錠剤だと、プラスで他のものを摂取しなくてもこれだけ1錠を飲めば効果が高まるようなので便利だなと感じました。

また、料金もドリンク剤3本の値段とほとんど変わらなかったことも続ける理由となりました。錠剤の量によって値段の差はありますが、日常的に貧血を起こしやすい人や体質改善を考えている方だと、トータルで考えるとこちらの方がお得だと思います。

使い続けてみると、日常生活でも立ちくらみや軽い貧血を起こすことがあったのですがあまり気にならなくなりました。生理がくる1週間前からは確実に飲むようにしているのですが、そうすると生理の時も今までのような一気に血の気がなくなって具合が悪くなるという症状も緩和されたような気がします。前々から準備しているよ、という自分への安心感にもつながっているのかなとも思います。

利用方法は、1日1錠を食後に飲むだけです。私はアレルギーの薬も飲んでいるのでそれと一緒にまとめて夜に1錠飲んでいます。朝・昼・晩いつでも飲んでも構わない薬です。飲んでも飲まなくても死ぬわけではないので、忘れてしまったらそれはそれでいいや、と思える気軽さが私にとって続けられる要因になっています。それでも、飲みだしてからはひどい貧血に襲われることがなくなったので、常に家に切らさないように気をつけています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加