頭痛がひどい時には市販の頭痛薬「adamA」で対処してます。

補足説明

↓ 多くの人から、美容、健康の維持、症状改善の為に行っている事を聞きました。 ↓

スポンサーリンク

アダムA錠

私は45歳の男性会社員ですが、頭痛に悩んでいます。20歳ぐらいから月数回頭痛で苦しむようになり、今では週2、3回というハイペースで頭痛を発症しています。

一度頭痛になると自然回復することはほぼ無く、市販の頭痛薬で対処するようにしてます。以前ロキソニンやボルタレンといった鎮痛剤を服用したことはあるんですが、全然効かなかったんです。

私の頭痛はバファリンやイブAのような市販頭痛薬の方が効果があるようなので、頭痛薬を常備してます。現在私が愛用してる頭痛薬は、皇漢堂製薬から発売されてる「adamA」という薬です。

なぜこの薬を利用してるかという値段です。adamAは一回で二錠服用するのですが、私の購入してるは120錠入って898円、つまり60回分で900円以下なのでものすごくコスパ良いんです大体他社の頭痛薬だとこの倍はします

もちろん安物買いの銭失いという言葉があるように、いくら安くても頭痛に効果がない、成分が不十分とかだとダメですよね。でもadamAはイブA錠と成分なので、成分・効果共に問題ないですし私の頭痛にも良く効いてくれます。

近所のドラッグストアで店頭購入してるものなんで簡単に購入出来るのも便利です。

購入しだしたのは今から2年前で、ドラッグストアの陳列棚にイブA錠と同じ成分なのにこの値段!というPOPを見たのがキッカケです。

最初は量の少ない方を購入したんです。値段が安いのはいいですが、効かなかったら大損ですからね。で、実際試した結果効果があったので、一番量の多い120錠を購入しつづけてるってわけです。

利用時は大体食間を意識して服用するようにしてます。説明書には空腹時を避けて服用してくださいとしか書いてないので、何度か食後に服用したりしました。

たまたまだったのかはわかりませんが、食後直ぐの服用だとあまり効果の出ないことが多かったんです。薬の効果が出ないと痛みを我慢出来ず、結局また薬を飲んだりしてました。でもこういう飲み方って体に良くないんですよね。

実際薬の説明書に、服用間隔は4時間以上おいてくださいと明記されてあります。出来れば一回の服用で痛みを消したいと思いますし、服用タイミングを色々変えて試してみました。結果、食間や食前の方が痛みを抑える効果が高いと感じたんです。

あと気をつけてるのは痛みを感じ出したらすぐ服用するようにしてます。というのも、痛みの小さいうちに飲んだ方が効きやすいからです。その為、自宅、職場、車内にも薬を常備するよう心がけてます。

幸いadamAは120錠入ってるので、こんな風に小分けしても大丈夫なんです。人によって効果に違いはあるでしょうが、私はadamAで頭痛対策してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加